ハーバリウムでお見舞いを

お見舞い友達や会社の同僚が病気や怪我で入院すれば、きっとお見舞いに駆けつけることでしょう。

そして、お見舞いと言えばお花が定番かと思いますが、そのお花としてハーバリウムをおすすめしたいと思います。

実は、お花と言ってもお見舞いに鉢植えの花はタブーであることはご存じの方も多く、おそらく生花を選ぶことが一般的だと思います。

ただ、お見舞いに生花が本当に最適なのか、ちょっと疑問です。

実際、最近は患者さんのお見舞いに「生花はご遠慮ください」としている病院が増えているそうです。

その理由は、生花の匂いが患者さんにとって、さらに同室の患者さんたちにとっても苦痛になることがあるからです。

また、病室に花瓶があるとは限らず、お見舞いの花を受け取った患者さんが、水を替え枯れた花の処理をするのは難しいことでしょう。そのため、生花を病室に置かないようにお願いしている病院が増えているというわけです。

お見舞いに喜ばれるもの

お見舞いただ、お花の1つもなければ、病室は殺風景な場所になってしまい、お見舞いに行く側としては少しでも病室を明るくしてあげたいと思うのは当たり前のことです。

そこで、生花の代わりにハーバリウムをお見舞いの品としておすすめするわけです。見た目は豪華で、病室のベッドの横に1つ置かれているだけで、殺風景な風景が大きく変わるのではないでしょうか。

しかも、ハーバリウムは華やかな姿に反して、匂いが瓶の外に漂うことはなく、花の匂いが苦手な方もこのようなお見舞いであれば、受け入れてもらえるでしょう。

しかも、花粉のアレルギーなどの心配もないので、お見舞いの品として最適です。

さらに、ハーバリウムはガラス瓶に満たされた専用のオイルの中で生き生きと揺れ動いていることもあって、患者さんの気持ちを明るくしてくれるかもしれません。

そして、退院するまでまったく手を加えずに眺めて楽しんでいただけますので、お見舞いには、ぜひハーバリウムをご検討ください。

そして、お見舞いにハーバリウムをご購入の際は、専門店フェリナスをご利用ください。