ハーバリウムを紫の花材で作ってみませんか?

紫 花材ハーバリウムの美しさは、花材の色彩に左右されることが多いようです。

たとえば、紫を基調としたハーバリウムを作りたいと思った時、同じ色調の紫の花材ばかりをガラス瓶に詰めても、期待したほどの美しさを表現することはできません。

紫系や青系、緑系や赤系といった具合に、花材の色を統一したようなハーバリウムが多いわけですが、実際に当店に並んだ商品をご覧いただくと、同じ紫系でもすべての花材の色がまったく同じ紫ということは少なく、微妙な色調の差が優雅さを表現しているはずです。

紫の花材のハーバリウムのガラス瓶の中をじっくり眺めてみてください。そこには、パッパーベリーや千日紅やアジサイなどの花材が内用液の中で揺れ動いているわけですが、黒みがかった濃い紫もあれば青みを帯びた紫もあります。

紫には、昔から紫式部や二人静、今紫や蒲萄染といった名前の付いた伝統色がありますが、それらの紫をさらに引き立たせているのがピンクや白の花材です。

そういった色をセンス良くアレンジすることで、紫の花材で気品あるエレガントな作品を作ることができます。もちろん、花材のほかに重要になるのが花材を活き活きさせることのできるオイルとガラスの瓶です。

紫の花材でエレガントに

紫 花材お気に入りのハーバリウムを見つけて飾ったり、お祝いの品としてプレゼントしたりと、さまざま用途に用いられることが多いわけですが、最近は自ら制作したいと思う方も増えているようで、お問い合わせやご質問をいただくことがあります。

中には、自分で花材などを集めて制作を試みたけれども、うまくいかないといったご相談も少なくありません。そんな時は、まずは当店の手作りのキットを利用されてはいかがでしょうか。

手作りのキットは、厳選された花材とガラス瓶と専用オイルが用意されておりますので、失敗することなく完成させることができるでしょう。そして、手作りハーバリウムも紫やピンクや青など、お好みの色の花材でお選びいただくことができます。