ハーバリウム|丸瓶を選ぶなら

丸瓶ガラスの丸瓶の中で、千日紅やペッパーベリーなどの花材がゆらゆらと揺れ動くハーバリウムを見ているだけで、幸せな気分になれるかもしれません。高さ20センチ強の円柱型の丸瓶は、安定感がありしかも丸みが優しさを醸し出して、じっと眺めていると自然と穏やかな心地よさを感じることでしょう。仕事で疲れて帰った時は、LEDライトに照らされた丸瓶のハーバリウムと少しばかりのお酒で疲れを癒してください。

ハーバリウムを選ぶ時に、丸瓶と角瓶のどちらにしようかと迷う方も多いようですが、それぞれの形の良さがありますので、お部屋の雰囲気や場所を想像していただいて、お選びいただければと思います。

また、贈り物としてのハーバリウムを選ぶ際は、贈る相手が男性なのか女性なのかで瓶の形を決める方もいらっしゃいます。

さらに、瓶の形だけでなく、色合いを重視してハーバリウムを選ぶことも多いと思いますが、同じ色合いでも丸瓶と角瓶では違った印象を受けるかもしれません。

たとえば、丸瓶はもともと光の屈折率が高いために、丸瓶の中の花材はちょっと大きく見えることになり、豪華な印象を受けるのではないでしょうか。

丸瓶を選ぶなら

丸瓶わざわざ光の屈折率を考えて瓶の形を選ぶということはないかもしれませんが、実際にハーバリウム専門店フェリナスに陳列されているハーバリウムを、ご自身の目で確かめていただければと思います。光を帯びた丸瓶は、一層輝かせてくれることでしょう。

ただ、丸瓶にしても角瓶にしても、ガラス自体がクリアでなければ、せっかくの花材がくすんで見えてしまい台無しです。

フェリナスは、花材であるプリザーブドフラワーやドライフラワーの選び方も慎重に行い、色の組み合わせもセンス良く、もちろん丁寧な作業で美しいハーバリウムを作り上げておりますが、ガラス瓶も透明感を重視して使用しております。

たくさんのハーバリウムを実際にご覧いただける東京都世田谷区のフェリナスの店舗では、平日10時から17時の間お客様をお待ちしておりますのでぜひご来店ください。